歯を失った時の治療

歯を失ってしまった方へ最適な治療をご提案いたします

残念にも歯を失ってしまった方には、再び噛むことができるようにするための4つの方法があります。

患者さまの口腔の状態、全身状態に合わせご希望を伺いながら相談し、最適な治療方法をご提案させていただきます。どうぞご気軽にご相談ください。

オーラルクリニック京橋で行う歯を失った時の治療

ブリッジ

失った歯の両側に歯が残っている場合に、それらを支えにして両側から被せもので橋渡しをして噛めるようにする方法です。

両側の歯の状態によっては支えとして使うことができない場合もありますので診察をして判断する必要があります。

利点

接着剤で歯に固定をしてしまうので動くこともなく、はずれることもありません。
被せものの種類を選ぶことができます。
(保険適応の材料か自費の材料か、金属の被せものか白い被せものとかなど)

欠点

虫歯の有無にかかわらず支える歯は削らなければなりません。
連結した冠を固定してあるため、清潔に健康に保つためには歯ブラシ以外のお手入れが必要です。
(歯間ブラシやブリッジ用フロス)

入れ歯(義歯)

取り外し式の人工歯の装置です。

通常の保健適応の入れ歯は、人工歯と呼ばれる歯の部分と床と呼ばれるピンクの樹脂の部分とクラスプと呼ばれる支える歯にかかる金具の部分からできています。(総義歯には金具はありません)

利点

支える歯はわずかに削る程度で、口腔にかかる負担は少なく作製できます。

欠点

取り外し式のため食事中に動くことがあり、噛む力もご自分の歯があった時に比べて弱くなります。

入れ歯の種類について

入れ歯の種類と材料は多様化してきており、保健適応の入れ歯のほかに自費のご負担になりますが、違和感の少ない丈夫な金属で床を作る金属床義歯、金具のない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)、支える部分をアタッチメントで作製し維持力を強化したアタッチメント義歯、支える歯に磁石を取り付けて維持力を強化した磁性アタッチメント義歯などがありますので、口腔の状態とご希望に合わせ作製することができます。

  • ノンクラスプデンチャー

    部分入れ歯に使う支える歯にかかる金具がない、金属を使用しない入れ歯です。
    金具がないため見た目がよく審美性に優れています。
    少し弾力性のある樹脂の床を使いますが歯肉の形態によっては維持力が得られない場合もあります。

  • 金属床義歯

    床の部分を金属で作製しますので通常の樹脂で作製する床に比べ薄く丈夫になります。また、特に上顎に使用した場合は発音や味覚も優れています。

  • アタッチメント義歯

    支える歯にかける金具のクラスプの代りにアタッチメント装置をとりつけた入れ歯です。
    金具のクラスプのように歯の外側にかけるものではなく歯と義歯の連結部に取り付ける装置のため目立たず審美性にも優れています。そして歯としっかり連結されるため維持力があり食事中も動きにくい入れ歯です。

  • 磁性アタッチメント義歯

    根の部分だけ歯が残っている場合、これを利用して歯の根の上に磁石つきの土台を作りこれが入れ歯の床と接着するように作製した入れ歯です。入れ歯の維持力を強化するのに役立ちます。

以上ご紹介した入れ歯は自費でのご負担で作製できます。費用に関しましては種類、大きさ、材料によって変わってまいりますのでご相談いただきました時にお見積もりを提示させていただきます。

インプラント

歯科用インプラントとは、天然の歯根に変わり、人工的につくられた歯根のことです。
インプラントは外科手術により顎の骨の中に埋め込みます。
そして、その上に人工の歯を固定します。

インプラントの材料には純チタンが使用されています。
純チタンは生体にやさしく骨にしっかりと結合し腐食せず、硬くて丈夫な金属です。

このようなインプラントは世界でも数百万人への治療実績をもっており、長期使用の点でもよい成績をあげてきました。しかし、患者さまの顎の骨の状態や全身状態によっては適応できない場合もあります。

インプラントを入れたい、興味があると思われた時には、どうぞお気軽にご相談ください。

利点

歯を失ったところだけに人工の歯を作るので、ブリッジのように隣の歯を削って被せものを作る必要がありません。
自分の歯と同じような感覚で噛むことができるようになります。

欠点

保険不適応なので自費での負担で作製します。
インプラントを骨に埋入するための外科手術が必要となります。

歯の移植

歯を失ったところに、親しらずなどの噛むことに使っていない歯を移植して噛めるようにする方法です。

ご自身の歯を用いるので拒絶反応を起こす心配もなく安全です。
条件に合った健康な歯があれば第一選択としておすすめできます。
費用は条件によっては保険適応がありますが多くの場合は自費の負担となりますので詳しくはご相談時にお答えいたします。

利点

拒絶反応もなく安全です。歯を失ったところに直接移植するので隣の歯を削って被せものを作る必要はありません。
使わないでいる親しらずを有効利用することができます。

欠点

移植に用いる歯の抜歯と移植のための外科手術が必要です。
条件に合った健康な歯が必要で、移植後の成功率は100%ではないため経過をしっかり見ていく必要があります。
平均寿命は5年~10年といわれています。

オーラルクリニック京橋 ORAL CLINIC KYOBASHI「お口の中の困り事でどこで診察を受ければいいのかわからない」 疑問やお悩みがございましたら、お問い合わせください! お電話:03-6263-2923 京橋駅徒歩1分 診療時間 10:00~13:30/15:00~19:00 休診日 土曜、日曜、祝日